病児保育ご検討の医療・保育・行政機関の皆様

病児保育・病後児保育を検討されている医療団体、保育団体、行政機関などがいらっしゃればそう多くないノウハウと経験ですが出来る限り協力させていただきますのでお気軽にご連絡下さい。

埼玉県市町村ご担当者の皆様

病児保育を作る会です。

令和元年度は県内36市町村でファミリーサポートセンターの付加事業として病児・緊急預かり対応が行なわれています。(うち当会の「緊急サポートセンター埼玉」は32の自治体からの委託を受け運営しています。)また、ファミリサポートセンターは既に40市21町で行われています。

以下のような事案をご検討の場合は当会にご連絡ください。
・ファミサポなど地域の助け合い活動の中で、病児の一時預かりや、宿泊、緊急的な預かり等を検討される場合
・乳幼児家庭全戸訪問などの母子保健事業の人員増強や補助などを検討される場合
・養育支援訪問事業で専門家による助言指導の他、育児支援、家事支援をご検討される場合
・ショートステイ(施設型)の導入や機能補完を検討される場合
・学童保育延長が難しい場合、病児保育施設、地域子育て支援拠点等の設置や利用者支援事業をご検討の場合などもお気軽にお声がけ下さい。

お問合せ 048-297-2903 

緊急サポートセンター埼玉

記事内検索